福岡 グラフィック つなぐデザイン アートディレクター森下かづこ





声のお稽古

2016. 02. 25



IMG_1203.jpg


いえいえ、人生まで変えたいわけではないんですが、
(今の人生はけっこう気に入っているので)

これは今、読んでいる本です。



最近、ある女性の声を聴いて
「なんてきれいなんだろう」と思うことがあり
声について考えることが多くなりました。


わたしは、自分の声や話し方があまりすきじゃないので、
せめて、わたしくらいはわたしの声をすきになりたいものです。


声についての本をさがしてみると
発声練習系の本がほとんどだったんですが、
この本はもっと根本的なことから書いてあって
とても興味深いです。

声を響かせるカラダのメンテナンスと、
声を発する気の持ちようについてなどなど。


声と話し方はふたつで一つだとおもいます。


声と話し方がすてきな人にはほんとうに憧れるなあ。

















iconpagetop.jpg






行ってきた落語会

2016. 02. 21


IMG_7239.jpg

第47回狸ばやしの落語会
【春風亭一之輔


上の写真の草をたべていらっしゃる方が
一之輔師匠ではありません。

こちらは、寄席の主催者の方… でもなく、
その方のお宅で変われているヤギさんです。


落語がすきすぎて、自宅に寄席をつくちゃったという方が
主催されている狸ばやしの落語会」に行ってきました。

のどかです。
ヤギいるし。



本日の演目は
●加賀の千代
●花見の仇討ち
●妾馬


春風亭一之輔師匠といえば、
今、落語会では人気実力ともにトップクラスの方で
(申し訳ないけれど)
ほんとに、ココに来るの? ほんとに? と半信半疑でしたが、
ほんとに来られました。
すごい!!



一之輔師匠は声がとってもすてきです。
歌舞伎のようなセリフの言い回しや、
都々逸の歌の響きにうっとりします。


そして、今回は「加賀の千代」での甚兵衛さんのしぐさが
かわいすぎて、客席から歓声(というか悲鳴?)があがっていました。

音源では聴いたことのあった「加賀の千代」が
まさか、こんなかわいいことになっていたとは、、、

一之輔師匠はずるい。

自分がかわいいってわかってやってます。確信犯です。
ちくしょー、かわいいな。



IMG_7246.jpg

そして落語会が終わり、奥に駐車した車が出せないので
みなさんが帰るのを待っていたところ、
一之輔師匠がでてきて、写真やサインに応じてくださいました。
びっくり。

これはすごいことです。
野球キッズがイチローにサインもらうようなもんです。(たぶん)

が、相変わらずのキンチョー屋のわたしは
カッチンコチンでした。















iconpagetop.jpg





行ってきた落語会

2016. 02. 12


IMG_7224.jpg

第5回渡辺通り花緑会
【柳家花緑


…はぁ。


また終わってしまいました。

柳家花緑独演会。


花緑師匠が自分にとって特別なのは
見終わったときの気持ちが、他と違うからだろうとおもいます。

見終わって、あーたのしかった!
よりも、
ああ… もう終わってしまった。
という気持ちのほうが圧倒的に大きいのです。

…はぁ。


いつも、おもうけれど、
花緑師匠はほんとうに、和服の着こなしが美しい。




今回は、枕での「侍の疑いあり」事件の話で
アゴがはずれそうになるほど、笑いました。


そして、最後の演目「子別れ」では
子を叱る母親の言葉に目頭が熱くなりました。


しかし。

なんとなーく。

粗忽の使者や、飲んだくれのくまさんが
花緑師匠とぴったり重なってないかなぁ… とも
ぼんやり感じました。


たぶん、花緑師匠を好きすぎて
一度知ってしまった、あの腰が抜けるほどの感動を
毎回求めてしまっているのかもしれません。


なんとも、贅沢な悩みです。














iconpagetop.jpg





割増し

2016. 02. 10



わたしは僕がすきです。

て書くと、なんじゃそりゃなのですが。



わたしは、一人称が「僕」の人がすきです。

自分のことを「僕」と言っているだけで、
自動的に2割増しくらいで、好感度がアップします。



割増しにまつわる思い出をひとつ。

高校生のときに、体育で男子は柔道をしていました。
そこで、
「柔道着をきると、いつもより2割増しでかっこよく見える」と
クラスメイトの男子に言ったところ、
「でも、いつもより2割増しでクサイよ」
と言われました。



プラスマイナスゼロ? ということですか。















iconpagetop.jpg





お金を払うとは誰かを応援すること

2016. 02. 08



フリーで仕事をするようになってから
「お金」に対する考え方がとても大きく変わりました。

いただく方はモチロンですが、
使う方の考えが大きく変わりました。


以前は、なるべく安いモノを…
という気持ちがあったのですが、それが無くなりました。


…ん−、完全に無いなんて、かっこつけれないけれど、
かなり小さくなりました。






それは、自分自身がそのような理由で選ばれたくないな、と
おもうようになったからです。

すきなモノや、
気に入っているサービスに対して
会社や、店や、売っている人を
お金を払うことで応援したい、とおもっています。


すきだよ、という気持ちで
お金を払いたい、と。














iconpagetop.jpg






行ってきた落語会

2016. 02. 06


●第47回美案寄席
【三遊亭萬橘

今日は居酒屋「和らべ」のお座敷で開催された落語会でした。
すきだなあ、こういう雰囲気。

会場はお客さんで満席、ぎゅーぎゅー。

1席目は「つぼ算」
2席目は「妾馬」

どちらも、ほかの落語家の方がされるのと
ちょっと違っていて、斬新でした。

今回は、枕での「氷が食べられないおじいちゃんのはなし」が
おもしろすぎて、わたしはことあるごとに思い出し、
ずっと後をひいてました。




IMG_7218_2.jpg

打ち上げにて。
三遊亭萬橘師匠とツーショット…

ぽくみえるように、トリミングしました。
あはは。










iconpagetop.jpg







蕎麦ブーム到来

2016. 02. 02



わたしの「癖(へき)」は
気に入った食べ物があると、しばらくそれにハマリ続けることです。


今、空前の蕎麦ブームがやってきています。

蕎麦。蕎麦。蕎麦。


このところ、1日のうち1食は必ず蕎麦です。
昨日、蕎麦猪口と蕎麦を盛るザルを購入しました。


いつか、時間がある時に蕎麦をうってみたいです。


蕎麦。

おいしいなあ。

蕎麦の実をひいて、こねて、のばして、細く切って、
湯がいて、つゆにつけてたべる…
なんてことを世界で初めて考えついた人、天才。








iconpagetop.jpg





寒くてよかった

2016. 01. 28



寒くなりましたね
冷え性のわたしは、冬の飲み物には粉末の生姜を入れるようにしています。

今朝のこと。
ポットにお茶をいれ、生姜パウダーを入れ、
よくパウダーを溶かそうとおもい、ポットの上下をもって
フリフリしてみたところ、

ポットのロックが「注ぐ」になっているのに気がつかず
上にそえた手で押してしまい、下にそえた自分の手に
じゃーっと熱湯をそそぐ… という
ミラクルなやけどをしてしまいました。

当然「あっっっっっつー!」となり、
急いで蛇口をひねって水で手を冷やしたワケですが、

この寒さで、水がキンキンにつめたく
よく冷やしたおかげで、やけどもたいしたことなくおさまりました。


寒くてよかった。 のか?













iconpagetop.jpg






行ってきた落語会

2016. 01. 27


IMG_7166.jpg


IMG_7167.jpg

●1月16日(土) 第46回美案寄席
【月亭方正・笑福亭瓶二・月亭八光

今回は、方正さんの「しじみ売り」がほんとーーーーーーーに良かった。
最高にすばらしかった。
しじみ売りの子どもがお寿司を食べるシーンで思わず泣いてしまいました。
物語のかなり前半なのに。

胸にグッとくる高座でした。
テレビの「山ちゃん」のイメージからはとても想像できないけれど。





IMG_7198.jpg


IMG_7197.jpg

1月21日(土) 美案寄席
【笑福亭鶴瓶

1席目で「粗忽長屋」という噺を話し始めたときに、
ちょっとアクシデント(?)があり鶴瓶師匠が笑ってしまって、
もう、笑いがとまらなくなって
「この噺、だめや!」と言って、
「粗忽長屋」をやめていきなり「厩火事」という噺に切り替えました。

高座にあがるまで、落語家は噺を決めていない…とは聞くけれど、
ほんとうに、パッと違う話をすることができるところを
目の当たりにして、すごく感激しました。

鶴瓶師匠かっこいー。










iconpagetop.jpg






落語会の予定

2016. 01. 15



2016年、もうすでに
6つの落語会への参加を予定しています。



●1月16日(土) 第46回美案寄席
【月亭方正・笑福亭瓶二・月亭八光
(昨年もこの会に行き、月亭方正さんがすごく落語がうまくて引きこまれました。)


1月21日(土) 美案寄席
【笑福亭鶴瓶
(いつも突然、美案寄席にやってくる鶴瓶師匠。
テレビでは見れない真剣な高座を、間近で見ることができます。)


2月6日(土) 第47回美案寄席
【三遊亭萬橘
(打ち上げ付きの会で、萬橘師匠と一緒にお酒が飲める!萬橘師匠はしゃべり方がカワイイ)


2月11日(木) 第5回渡辺通り花緑会
【柳家花緑
(わたしを落語の世界へ引きこんだ方。落語はもちろん、和服の佇まいも美しい。)


2月21日(日) 第47回狸ばやしの落語会
【春風亭一之輔
(最近、わたしの中で一番盛り上がっている一之輔師匠。一之輔落語ヘビーローテーション。
狸ばやしは個人の自宅内にあるアットホームな寄席。


3月20日(日) 福岡天神イムズ寄席
柳家喬太郎
(喬太郎師匠については、これ以上人気出ないでほしいです。チケットとれなくなるので…)




明日、今年初落語です。

やっほい!











iconpagetop.jpg







十日恵比須と盗み聞き

2016. 01. 09


IMG_4272.jpg

本日は十日恵比須神社へ毎年恒例のお参りにいきました。

最初は「今年の商売繁盛を祈って…」なんておもっていましたが、
あまりの人の多さに、
これは、恵比寿さまもこんなにたくさんは
お願い聞ききれないだろう… と思い直し、

昨年一年間を無事に商いをさせていただいたお礼を
言うことにしています。


お参りするまで1時間並びました。



後ろに並んでいたカップルの会話が耳に入り
とても気になりました。


彼氏「…ほら!あれあれ! ええーっと… 
   右がなんとか、左がなんとかってヤツだよ!」

彼女「えぇ〜? わかんなーい。」




わたしもわかんなーい、とおもいました。
彼氏さん、できれば具体的なヒントください。


結局答えがなんだったのか、わからずじまいで
お参りを終えてしまいましたが、

それは、それでなんだか楽しかったです。


今年一年。皆様もわたしも
商売繁盛でがんばりましょう。














iconpagetop.jpg







2016年の抱負っぽい話

2016. 01. 04



あけましておめでとうございます。


今年の目標を決めました。


ひとつは
ヨガ教室に2年くらい通っているので、それになるべく休まず通うこと。
2年通ってみて、あらためて自分のカラダがボロボロであるかわかりました。
週2回の教室に休まず通うということは、
時間管理がおおきなカギになりそうです。。。


もうひとつは、
このブログをもうちょっとがんばって更新すること。
せめて、週一…。


このふたつは、仕事と全然関係ないようにみえて、
じつはとても深く関わってきます。


どちらも、大きな意味では
自分を大事にすることにつながるとおもっています。


自分にやさしくするのって、意外とむずかしいのです。











iconpagetop.jpg