福岡 グラフィック つなぐデザイン アートディレクター森下かづこ





棺桶の中に持って行けるモノ

2015. 03. 14



IMG_6290.JPG

本日は【笑福亭鶴瓶 愛がたっぷり美案寄席】
に
行ってきました。

あの鶴瓶師匠の落語がこんな近距離で聞けるなんて、
というくらいにほんとうに贅沢な時間と空間。

鶴瓶師匠のまくら話。
かかわった人達のことが(知らない人でも)
どーにも気になってしょうがないという師匠の性分について。


その話を聞きながら、ある言葉をおもいだしました。
“人は死ぬときに棺桶の中に持って行けるモノは、
得たモノではなく、与えたモノだ” とかいう言葉。

要するに、自分が得たお金やモノはあの世には持って行けないけれど、
与えたものや出来事は、その人がずっと覚えていてくれる、
その人の心の中で生き続けることができるという話。

縁起でもない話で、失礼かもしれませんが、
鶴瓶師匠は、いつか亡くなられたとき、その棺桶は
どんなに大きく作ろうとも入りきれないくらいに
たくさんの人の気持ちであふれてしまうだろうなあ、と
おもいました。

おおきな人だなあ、と。



本日の演目

IMG_6291.JPG

一席目の “回覧板 は鶴瓶師匠の奥様をモデルにした話。
かわいい夫婦のドタバタ劇で、爆笑。

二席目はお弟子さんの鉄瓶(てっぺい)さんの“替わり目”
大好きな話でうれしかったです。
知ってる話だったのに、オチがはじめてきいた切り口で、すごく良かったです。

三席目はタモリさんから教えてもらった話を元に練られたという
“山名屋浦里” という花魁の話。


笑うところはほとんどない話。
だからこそ、ぐぐぐぐっっっっと引きこまれ、
鶴瓶師匠が演じる花魁が本当に美しく見える不思議。

ああ、これが落語の醍醐味だなあ、、、と思いました。



今日の三席は、どれもほんとうに “愛” であふれた落語でした。
愛・愛・愛。

おおきなおおきな、ひとつの愛。



IMG_6292.JPG

















iconpagetop.jpg






大人買い

2015. 03. 06



_DSC0748.JPG

大人になって良かった。

そんなことをしみじみと噛みしめながら、
だーっとCDやらDVDやらをまとめ買いしました。


●ブリジット・エンゲラーの芸術(CD6枚組)
ブリジット・エンゲラー special BOX (CD3枚組)
●春風亭一の輔落語集(DVD)
●朝日名人会ライブシリーズ 柳家花緑 1・2・3(CD)


なんか、スカッとしました。
ピアノは最高にキラキラした音色だし、
花緑師匠・一の輔師匠の落語も何度聞いても飽きずにたのしい。
というか、聞けば聞くほどさらにたのしい。


ドバッと大人買いしましたが、
どれも大満足の作品です。
お金とはこう使いたいものだなあと。


でもじつは
勢いで買いすぎて、BOXに含まれていることに気がつかず、
単品でもかってしまう… という失敗もやらかしています。

_DSC0765.JPG

しかし、ブリジット・エンゲラーさんのピアノがすてきすぎて、
その売り上げにちょっとでも貢献できたのなら、まあいいか!
とおもってしまいます。


このだぶったCDは、
誰かにプレゼントすることにします。

もらった人は「あ、コレまちがえて買ったやつね」などと
言わないようにしてください。

しー。











iconpagetop.jpg







のんべえの知恵

2015. 03. 06



_DSC0720 2.JPG

先日買ったワインがあまりにもおいしくなく…。


どうしたものかと、考えあぐねていたところ、
実家からくだものが送られてきていたことを思い出しました。


リンゴとオレンジをざく切りにして、適当に
自家製サングリアにしてみたところ、
劇的においしいワインに変身しました。

甘い飲み物は苦手なので、
砂糖類はいれず、くだもののみで。

香りだけ甘く、フレッシュな風味。
たまりませんな。



調べてみたところ、
そもそもサングリアはスペインの人たちが
まずいワインをどうにかおいしく飲むために
あれこれ、やったことから生まれたそうです。



急にスペインの人に親近感が湧いてきました。










iconpagetop.jpg