福岡 グラフィック つなぐデザイン アートディレクター森下かづこ





年賀状を作りました

2014. 12. 23



shinosuke.png
今日、年賀状をつくりました

上は、描いてはみたものの、
年賀状につかわなかった立川志の輔師匠のイラストです。
がってんがってん、でおなじみですが、
志の輔師匠は落語の天才です。 とおもいます。


さて、わたしにとって年賀状は、
ふだんのお仕事ではなかなか使えない印刷を試せる、
たのしい実験の場でもあります。

さて、実験の結果はいかに。









iconpagetop.jpg














A4

2014. 12. 19



IMG_6023.jpg

ある人の影響で
お仕事用のノートを無罫のA4サイズにしてみることにしました。


あれ…

A4ってこんなにおっきかったっけ ?











iconpagetop.jpg











革を育てる

2014. 12. 15



IMG_0738.jpg

iPhoneをはじめて持ったとき、
きっと毎日ふれるものになるだろうから、
とっておきの、お気に入りのケースをつけよう、とおもいました。


で、さがして、さがして、さがして、さがして。


これだーっと、たどりついたのが、
能登島のデザイン事務所 notodesignさんと革職人 aikoさんのコラボでつくられた
本革のiPhoneケースです。


最初はきれいなクリーム色だった革のケース。

三年間、大事に大事になじませて、
きれいな深いブラウンに育ちました。

IMG_0742.jpgIMG_5955.jpg


IMG_0740.jpgIMG_5953.jpg

しかし、
先日とうとう機種変更をし、古いものがつかえなくなり、
ケースも新調することになりました。


そして、やっぱり同じケースを注文しました。


育てた4S用のケースとは離れがたいけれど、
あたらしいケースを育てるのが、またちょっとたのしみでもあります。



革の成長はとてもわかりやすい。


わたしもこのくらいわかりやすく成長したいものです。










iconpagetop.jpg







漢方生活

2014. 12. 05




わたしの鼻は副鼻腔炎という状態であるらしいです

寝る前、起き抜け、気温の変化、お酒を飲んだときなどに
とくに鼻の具合がわるくなってしまいます。

近頃は、それが標準になってきて、
悪い状態が普通で、状態がイイときはラッキー、みたいな。


しかし、ここで重い腰をあげて
根本的に治したいとかんがえ、
人生初の漢方療養をためしてみることにしました。


最初は、手術をかんがえていたのですが、
いろいろ調べているうちに
鼻だけではなくて、わたし全体のメンテナンスが
必要なんじゃないかな? とおもいはじめ…。

漢方で鼻だけではなく体質から改善しよう、と。



そこで、専門家の方に
わたしの症状に対して、3種類の漢方薬をすすめてもらいました。
西洋薬にくらべて、飲む量が多くてびっくりしました。


わたしに至っては、3種類の合計で
1日19錠の錠剤と3袋の粉薬を飲むことになるのです。

もう、それでおながいっぱいになりそうだなあ。


しかも、料金も高くてビビリました。
1カ月の薬代で4〜5回飲みにいけそうだなあ…。
そんなこと言ってるから、悪くなるのかしら…?


鼻、治るでしょうか。
治ったらうれしいなあ。

1カ月後にまた経過をココにメモしようとおもいます。


へっくしょん。

















iconpagetop.jpg









人生はビギナーズ

2014. 11. 23


beg.jpg


「人生はビギナーズ(原題:Beginners)」

久しぶりにイイ映画みたなあ…。


レンタルショップで、なんとなーく手に取った映画でした。
死の間際のお父さんに、実はゲイだったんだ、と
カミングアウトされちゃった男性の物語。



箭内道彦さんが
“本当に好きなものは説明ができない”となにかの著書でおっしゃっていましたが、
これは、まさにそんな作品でした。

なにがよかったのか、説明できないし、
説明しちゃうと野暮なかんじがします。



たぶん、10年前、
いや、5年前のわたしだったら、
この映画を好きだとおもえなかっただろうなあ。

今のわたしがこの作品に出会えてよかったなあ。


そんな映画でした。
ちゃんちゃん。












iconpagetop.jpg










極楽ブーツ

2014. 11. 21


IMG_5903_1.jpg

「やわらか湯たんぽ 足用底付き」なるモノを購入いたしました。


先日お仕事のときに、
この足用ゆたんぽの愛用者だというカメラマンさんに教えていただき、
その帰り道、ハンズに寄りバシッと買ってかえりました。
なんでも、潜水用のスーツを作っている会社が開発したとか。


ひとことで言えば、
まさに、極楽!

お風呂につかるとき、思わず 「あ”あ”〜…」と江戸っ子のおじいさんのように
うなってしまう… あの極楽。

足があたたかいと、部屋の温度があまり気にならず、
仕事中はほとんど暖房いらずです。

足のうらで、湯たんぽのお湯をタポタポさせるという
足遊びもたのしめ、たまりません…。




基本的には、これで歩くのはちょっと大変なので、
デスク専用として使っているのですが、
ふと思い立ち、これをはいている姿を鏡で確認したところ、
ミッキーマウスのようでした。


価格は、なかなかイイお値段がするのですが、
その価値は充分すぎるほどあります。

というか、これのおかげで
あたらしいヒーターの購入が必要なくなったので、
個人的にはかなりオトクでした。


これを開発した会社にお手紙をおくりたいくらいです。




あ”あ”〜…











iconpagetop.jpg










さみしいことは豊かなこと

2014. 11. 13



1113.jpg

今日、海外へ旅立つ友だちを見送りに空港へ行きました。


普段は、自分にないものばかりが気になるけれど、
離れることを、
こんなにさみしく思える友だちがいるわたしは、
とても豊かです。



展望台に登り、旅立ちを見送ろうとおもったのですが、
どれが彼女が乗った飛行機かわからなくなり、
手当たり次第にANAの飛行機を見送り手を振りました。

だから、写真の飛行機に友だちが乗ってるかどうかは
わからないんだけど。
あはは。

次に会ったときに、今日の話をして、笑おう。














iconpagetop.jpg